原因不明なにきびならすぐに美容皮膚科へ

 

大人になってできるにきびは、様々な要因が複雑に絡まり合って発症することが多いため、繰り返しできたりなかなか治らない特徴があります。できるだけ早い段階で治さなければ色素沈着を引き起こしたり、跡がクレーター状態になることもあります。
原因不明の場合は、セルフケアでは治すことが難しいため、早めに美容皮膚科へと行くことです。美容皮膚科のにきび治療は、自由診療となるため高額になることもありますが、体の内側と外側の両方から治療を行ってくれるため、短期間での改善が目指せます。治療では、古い角質や毛穴のつまりを除去してコラーゲンの合成促進や美白効果のあるピーリングや皮膚に多数の小さな穴を開けることで肌をさいさせるレーザー治療、光治療、点滴、塗り薬、内服薬などがあります。病院によっては、無料でカウンセリングを行っているところもあるため、施術に対する不安や質問などは治療を受ける前に相談することが可能です。最近では、WEB予約ができる病院もあります。
自由診療が中心ですが、投薬などであれば、美容皮膚科でも保険適用になることが多いため、ドラッグストアでビタミン剤などの市販薬を買うよりも安価で抑えられることもあります。

 

美白化粧品